統計データを提供してくれるサイト

グラフ

予算規模が大きくなってくるとデザインの説明にも色々根拠が必要になってきます。
この場合、根拠として提示だけるだけの客観的なデータが必要になってきますが探すのは結構大変です。
そんな時は統計データを提供してくれているサイトを上手く使ってあげると労力的にかなりカットできるので、自分のためにもですがメモっておきます。

競合他社のウェブサイトはどうなってるんだ? を簡単に調べる無料ツール3選+α【Ginzamarkets】
SimilarWebはSNSからの流入傾向が見れたりと、なかなか興味深いデータを見せてくれます。

保存版】企画書に使いたい統計データが見つかる、調査レポートサイト厳選9個+α
こんなにたくさんあったのかと感心するくらい。
全部目を通すのは骨が折れますが、データの傾向くらいは見ておきたい。

国勢調査など政府統計データをCSV化してダウンロードできる「統計くん」 政府API活用