User Agentによるテンプレートの切り換え

web
このサイトの話ではないけど、Wordpressで作ったサイトをiPhoneに対応するためにUser Agentによってテンプレートを切り替えるというのをやったのでメモ書き。

<?php
$UA = $_SERVER{‘HTTP_USER_AGENT’};
if(substr_count($UA,’iPhone’)){
include(TEMPLATEPATH.’/iphone_index.php’);
}else{
?>

(通常のWordpressテンプレート)

<?php } ?>

やってることは無茶苦茶単純で、

1.User Agentに「iPhone」という文字列が入っているかどうかのチェック。
2.iPhoneの場合に専用のテンプレートをinclude。
3.それ以外の場合は通常のテンプレートを適用。

という流れ。

注意すべきなのは、index.phpで全部分岐しようとすると優先度の高い名称のファイル(例えばcategory.php、single.phpなど)が存在する場合はそちらが優先されてしまうので、各テンプレートで分岐したほうが無難という点くらい。

iPhoneでサイトを見ていると、やっぱりiPhone用のサイトの方が圧倒的に使いやすい。と言って、CSSのみで無理して対応するのも、PC、iPhoneの両方のサイトに構造的な制約がついてしまうことがある。
そうであれば、そこまで難しい話でもないし、ひと手間加えてiPhone用のテンプレートを入れるのがよりベターだと思う。

続きを読む

WordPressでサイトを作る場合に便利なプラグイン

今回のサイトリニューアルにあたって、プラグインを2つ追加してます。
2つともとても便利なので、メモ書き。

■Archives for a category
» プラグインのダウンロード

カテゴリーごとの月別アーカイブメニューを出力するプラグイン。
アーカイブでカテゴリーが混ざってしまうと、具合の悪い場合に重宝する。
使い方もWordPressのwp_get_archivesを拡張しているような感じなので、テンプレートに

<?php wp_get_archives(‘show_post_count=true&cat=7′); ?>

と記述すれば動く。(この例の場合はカテゴリーID7のアーカイブメニューを表示する)

ただし、独自にパーマリンク設定をしていると動作しないため、プラグインの設定画面で「Disable canonical URLs.(正しいURLを無効にする)」にチェックを入れる必要がある。

■Custom Query String
» プラグインのダウンロード

コンディショナル、およびカテゴリーごとにエントリーの表示件数を変更するプラグイン。
Wordpressの設定では、すべてのアーカイブの件数の設定はできるが、トップページでは5件表示、アーカイブでは10件といった細かい調整をしたい場合に重宝する。

使い方はプラグインの設定画面で、コンディショナルの場合は上段、カテゴリーの場合は下段で、表示件数を入力してAddを押すだけ。

■その他
» CMSとしてのWordPressでサイト構築をするときに便利な13のプラグイン(5509)

こちらのサイトでも、定番のAll in One SEO Pack、Google Sitemap Generatorや、入力支援のプラグインなどを紹介されてます。
ご参考までに。

続きを読む

All in One SEO Packでメタデータが出力されてなかった件

このサイトではAll in One SEO Packを、ありがたく使わせてもらってます。
おかげで「タイトルタグの重複」問題も解決できて、よかったよかったと思ってたのですが、よく見たら、keywordとかmetaデータが何も出力されてない。

「あれ?」と思って、バージョンアップとか色々やってみたのだけど、全然出力されない。
色々調べてみたんだけど、解決策も出てこない。
で、試してみた。

結論。
「<?php wp_head(); ?>がテンプレートから抜けてた!」

いやいや。
これは気づかなかった orz

追記:
<?php wp_head(); ?>は<head>タグの中に入れれば動きますよん。
参考サイト
» wp_head()の使用法(muzin)

続きを読む

WordPressの「タイトルタグの重複」問題

google

最近、Google ウェブマスターツールの[診断 > コンテンツ分析]の項目に「タイトルタグの重複」がエラーとしてでるようになった。
エラーを見た限りでは、アーカイブのような同一タイトルで2ページ以上を持つ場合に発生しているようで、例えばこのサイトの場合、一度に表示するエントリーを5件にしているので、1つのアーカイブに5件以上のエントリーがある場合に発生する。
これまでは出ていなかった気がするのだけど、ちょっと覚えていない。
ただ一度気がつくと、どうしょうもなく気になってしまい、教えてもらったのが「All in One SEO Pack」。
名前は知っていたのだけど、ちゃんとページ毎にタイトルタグを書換えてくれるみたいなので、さっそく入れてみた。

プラグインのダウンロード
» All in One SEO Pack

使い方の参考サイト
» [WordPress] Tips Community

で、使い方自体は全然簡単なのだけど、うちのサイトで一つ問題が起こった。

aboutのページなのだけど、どうもアーカイブページだと判定されてしまい、タイトルが正しい表示がされなくなっていた。
ページの構成としては右サイドバーに、
・What’s New – カテゴリー : news
・recent works – カテゴリー : works
が入っていて、query_posts()を使うことで表示していたのだけど、この影響をタイトルが受けてしまい、本来はページ名である「about」が最後に抽出したカテゴリー「Works」になっていた。
最後に使ったquery_posts()の影響を受けているようで、recent worksを消した場合はタイトルが「News」になってた。
どうもquery_posts()自体がそういうものらしい(しっかりは理解できてないです)ので、ループの終わった後に、query_posts()の初期化らしい、

[sourcecode language=’php’]< ?php query_posts($query_string . “”);?>[/sourcecode]

を追加したら、ちゃんと正しいタイトルになった。
実のところ、このquery_posts()とget_posts()については、僕自身そこまで理解できてないのだけど、一応メモ書き。

ちなみに、「All in One SEO Pack」をインストールすると、デフォルト状態では同一アーカイブでページを移動すると最後に「 – Part 2」みたいなページ番号が入るようになる。
これで問題は解決すると思うけど、まだGoogle ウェブマスターツール上では反映されていないので、結果はまた後日。

追記しました。
» WordPressの「タイトルタグの重複」問題 (解決篇)

続きを読む

WPプラグイン Simple Tags

tag_cloud

このblogではないのですが、WP2.3から標準で搭載されたタグ機能を使いたい時に見つけたプラグイン。

» Simple Tags

日本語のランゲージパックも入ってるし、とっても使いやすいです。
使い方はこちらのサイトが参考になります。

» WP2.3対応のタグ付けプラグイン、Simple Tagsの使い方 (WPカスタマイズ講座)

標準のテンプレートタグにもある程度タグに関する機能はあるけど、タグによる関連エントリーのよりわけができるのが、このプラグインを使う最たる理由です。
今回初めてタグクラウドを使いましたけど、ビジュアル的にも面白いですよね。
(今さらですが…)

続きを読む

abstract blue

abstract_blue
abstract blue WordPressテンプレートをアップしました。
特長としては現行サイトの基本構成を活かしつつ、場所を圧迫しやすいアーカイブメニューを右サイドへ単独項目としたことです。
そのため、アーカイブの数がないと、ちょっと格好がつかないかもしれませんが…。

【動作環境】
・Win:Internet Explorer6、7、FireFox1.5で確認済。
・Mac:Safari2.05、FireFox1.5で確認済。
・The W3C Markup Validation Serviceチェック済。

【テスト環境】
・WordPress 2.5.1で動作確認。

注意事項としては、Pngファイルを大量に使っているので、IE6では表示がおかしくなります。
一応、ie7.jsを使って対応はしてあるのですが、ie7.js自体にまだ問題があるらしく、表示がおかしいところが多々あります。この辺りは追々、対応するつもりです。
(テキストの表示自体には問題ありません)
ですので、その辺りが気にならない人だけ使ってください。

» abstract blue WordPressテンプレート

商用、非商用に関わらず、ご自由にお使いください。
なお、このテンプレートの使用によって万一何らかの損害が発生しても当方は一切の責任を負いませんので、利用者の自己責任でご利用ください。

しばらくは、このテンプレートを叩き台にして、機能をもうちょっと充実させて行きたいなーと思う今日この頃。

続きを読む

ind ver.1.00

ind
inDetail ver.1.00のテンプレートをアップしました。
変更点としては、旧テンプレートをブログ機能のみにして、多少リファインをかけたものです。
しばらくはテストサイトを上げておきます。

動作環境
・Win:Internet Explorer6、7、FireFox1.5で確認済。
・Mac:Safari2.05、FireFox1.5で確認済。
・WordPress 2.5.1で動作確認。
・The W3C Markup Validation Serviceチェック済。

右下のプロフィールは、なるべく簡易にするため投稿から抽出しているので、デフォルトのままであればprofileという名称のカテゴリーを作って投稿してください。

» ind ver.1.00

商用、非商用に関わらず、ご自由にお使いください。
なお、このテンプレートの使用によって万一何らかの損害が発生しても当方は一切の責任を負いませんので、利用者の自己責任でご利用ください。

続きを読む

lightwindowとlightbox

アクセス解析を見ると、たまにlightwindowでひっかかってる人がいるので、ちょっと補足です。

一時期、このサイトを作っている時はlightwindowを使っていましたが、今はlightboxを使ってます。
理由はlightwindowほど充実した機能を使う必要がない。
また、プラグインが開発されているので実装が楽チンそうだったから。

このプラグインについては、こちらのサイトが詳しいです。
» [WordPress]Lightbox JS 2.2を導入してみる

注意事項も書いてあるので、 不慣れな方でもわかりやすいと思います。

プラグイン本体はこちら。
» Lightbox 2 WordPress Plugin(英語)

lightboxの使い方はこちらのサイトが詳しいかと。
» ゼロからはじめるLightbox 2.0 – 簡単にWebで写真アルバム機能を (マイコミジャーナル)

続きを読む

BF for WP ver1.0.0

ind
初のWordPressテンプレートで、以前にMTで制作したBRAinFACTORYのblogをWordPress用に再デザイン、再コーディングしたものです。

動作環境
・Win:Internet Explorer6、7、FireFox1.5で確認済。
・Mac:Safari2.05、FireFox1.5で確認済。

テスト環境
・WordPress ME2.2.3

まずは手始めということで、機能としては最低限のindex.phpで全て補う感じになっています。
まだ利用規約等のテキストはできていませんが、商用、非商用に関わらず、ご自由にお使いください。
フッターに入っている「designed by inDetail」の画像は、デザインの邪魔になるようであれば外してもらっても構いません。(残しておいてくれた方が嬉しいですけど)

テーマをダウンロード:BF for WPのテーマファイル

最後にお約束を。

このテンプレートの使用によって万一何らかの損害が発生しても当方は一切の責任を負いませんので、利用者の自己責任でご利用ください。

続きを読む